============実際にこのページをご自分用に利用されるときは、編集画面で、ここから最下までを削除してご利用ください。=======================
■使い方

●ページ又は名前の指定

のところをフォーカス枠にして右クリック→属性の変更を行ってください。

 属性の変更画面で「項目」と「値」の欄があるので、「項目」のところはボタンを押したとき表示される名前を。
「値」のところはリンクしたいファイル名をそれぞれ設定(変更)してください。
相対パスで設定しますが、わからない場合は、http://〜のURLを入力してください。
ただし、この場合、サーバーに転送していない状態ではプレビュー画面での確認が出来ません。
相対パスで設定している場合は、ソースを変更毎に保存すると、プレビューで確認できます。

■別フレームへページを開く場合

HTMLソースの<HEAD>内で下のタグ部分を見つけてください。

<SCRIPT language="JavaScript">
<!--- 非表示
function quicklink(w){
if(w == "") return;
document.quick.url.selectedIndex = 0;
location.href = w;
}
//end --->
</SCRIPT>

location.href = w; ←この部分を変更します。
top.フレーム名.location.href=w; と変更します。
(top で上手くいかない場合は、parent と変更してみてください。)

サンプルはこちら。

========================== ここまで ================================